VRゴーグルのおすすめ!Oculus Quest オキュラスクエストが最強 PSVRとの比較

Oculus Questがおすすめな件

こちら、VRゴーグルで現在最強とうたわれるOculus Questです。

先日、Amazon探索中にポチってしまったわけですが、使ってみると、確かにすごくいい!のです。

ちなみに、PSVRも持っているのですが、最近ホコリをかぶっておりまして、久しくVRから遠ざかっておりました。

実際に使ってみて、いいとこも悪いとこもあるわけですが、少し紹介しようかと思います。

*アマゾンで注文したら、次の日に届いたんですが。。わくわくしながらOculus Questを開けて設定しようとしたら、なんと認証メールのエラーで、その日は使えませんでした。

スマホでアプリがないと設定できないみたいなんですね。しかも登録に認証メールでの設定が必要で、その日はOculusサイトの何らかのエラーで認証アドレスの画像がメールに表示されないんですわ。

こんな感じですよ。

いやぁ、タイミングが悪かったというか、そんなことあるんですね。

次の日は正常化して、無事Oculus Questを設定することが出来ました。

しかし、スマホ持っていない人は使えないんかいな??

Oculus Questのここが良い!

良いとこ色々あります。

最近になってデメリットが減り、かなり買いな状態になったわけですが、ざっくりと上げます。

1)完全ワイヤレス!コードなしで快適!

ワイヤレスは正義です。一度体験すると、コードなんてジャマでしかありません。

動いてコードが絡まることなんてなく、気にせず動けます。

2)スタンドアロン!どこでもすぐにVRの世界へ!

PSVRがホコリをかぶる原因って、やはりセッティングが面倒なことなんですよね。

コードもたくさんあるし、PS4起動してなんちゃらかんちゃら。しかもPS4がない場所ではできません。

その点、Oculus Questは、かぶってボタン押したら、もうVR世界なんですよ!

スタンドアロン!

パソコンもいりませんし、コードもありませんから、かぶったらすぐそこでVR体験出来るんです。

しかも、PSVRって後ろ出っぱってるじゃないですか、寝転んだ時にジャマなんですよね。

Oculus Questはゴムバンドのような薄いもので、寝ころがって頭つけても、まぁ大丈夫なんですわ。

リビングのソファーでも、トイレでも、布団でも、お外でも、新幹線の中でも、どこでもOK!

これ最強です。

加えて、発売後、遂に買い時となった理由がいくつかあります。

Oculus Linkでパソコンにつなぐことが出来るようになった。

つまりOculus Rift Sと似たようなこともできるようになったので、利用コンテンツも大幅に拡大しました。もちろんパソコンが必要ではありますが。

DMM VRが対応してくれた。

お好きな方はどうぞ。

暗い部屋でも使えるようになった。

6DoFトラッキングをオフにすることで、暗い部屋で動画が見れるようになった。

個人的には特に必要性はなかったですが。。

ハンドトラッキングに対応し始めた。

コントローラーなしで、自分の手を認識して動かすことが出来ます。

しかし、まだ対応アプリ・ゲームがほとんどありません。

コントローラのグリップ感や、振動が、ゲームでのリアル感を出す部分もあり、一概にハンドトラッキングがすべて良いわけではないと思います。

Oculus Questの評価

画質について

めちゃくちゃいいか?というと、そうでもないといった感想です。

良くもなく、悪くもなく、まぁ現段階では値段を考えると妥当な感じでしょうか。

PSVRとくらべて、スクリーンドア(網目)はややマシかなという程度。

動画をSKYBOX VR Video Playerなどでみる印象ではPSVRより鑑賞しやすいです。

スクリーンドアは気になる人は気になると思うが、実用的に見れるレベルと感じました。

視野は一段PSVRより狭いですが、許容範囲内でした。

装着感

Oculus Questのほうが断然軽く感じますし、ヘルメット感がありません。

寝転んでも気になりにくいレベルです。

追加バンドを使ってみてもいいかもしれません。


こんなやつですね。

色々使っていて、長時間プレイしても、PSVRよりVR酔いしにくいなと感じました。

VRでの違和感が少ないです。

コントローラの使用感

反応良好で、特に遅延なども気になりません。

使用感良好です。

Beat Saberではややライトセーバーを斜めに握っていると感じる気もしますが、問題ない範囲でしょう。

音に関して

スピーカがあるのでイヤホン等なくても音は聞こえますが、基本bluetoothイヤホン使っています。

もちろん有線でもいいですが線がジャマに感じます。左右にジャックがありますがどちらかにつなげばOKです。

個人的には家ではAfterShokzを使用しています。問題なく使えています。

骨伝導で周りの音も聞こえます。音漏れは殆ど気にならないので、通常の音量では、こちらの音は周りには聞こえません。

激しい動きでも問題なく、使用感はいいです。防水ですから汗かいてもOKです。

ただ、新幹線など周囲の音が大きい場所では使えません。(耳栓すれば聞こえますが。)

その場合は通常のカナル式のBluetoothイヤホン・有線イヤホンを使ったほうがよいです。

気になるところ

コンテンツがやはりまだ少ない

Oculus Linkがあるとはいえ、やはりコードレスでこそ価値があ

るのです。

より対応コンテンツが増えることを期待します。

移動時オフラインでの動画鑑賞はまだまだ改善点あるが、鑑賞レベル自体は許容範囲。

現時点で、PrimeVideoでもダウンロードできません。DMMはVRはダウンロードできますが、2Dはできません。

Netflexでトラベルモードを使用すれば新幹線でも見れます。(画面が固定される)

下は光が入る

実際あまり気になりませんが、完全な外界遮断ではないですね。

このようなカバーがおすすめです。シリコン系がいいですね。掃除しやすいです。


 

 

まとめ

総じて、現段階ではOculus Questが一番おすすめで買いだと思います。

容量は大きいほうがいいです。値段は気にしないでおきましょう。割高ではあると思いますが、なんだかんだ容量があるに越したことはないです。


 

僕は128GB一択でした。

実際それでよかったと感じております。

現時点でVRするなら、Oculus Quest最強ですよ。

関連記事

ワイヤレスイヤホンおすすめ(Bluetooth) SONY WI-1000Xが...

スロットカー Carrera コースレイアウト作成ソフトの紹介!(フリーソフト)

2020年版 フォートナイト(Fortnite)の始め方 おすすめ機材・必要なも...

NASで便利に!Synologyで家族と写真・動画を共有する方法

PSVR(PlayStation VR)でフィットネス・運動!痩せる!おすすめソ...

Insta360 ONE X の評価・レビュー 2019年 360度カメラ 最高...