『レビュー』究極の折りたたみキーボード 3E Bluetooth キーボード Plier Neoとの比較 最高におすすめは?

折りたたみキーボードがすごい!

みなさん、折りたたみキーボード持っていますか?

今まで、キーボードなんて要らないよ!って思っていたんですが、使ってみると意外に便利なんです。

もちろん、携帯のフリック入力でも文字は十分打てるのですが、カーソル移動とか含めて、キーボードの便利さはあるんです。

 

こちら、3E bluetoothキーボード「Plier」3E-BKY6になります。

ビックカメラで5,000円チョイでした。


こちらですね。

bluetoothキーボードなんですが、3Eの「NEO」ってやつを前回紹介しました。

まぁ十分いいんですよ。

しかし、いくつか不満点はありました。

1)ボディバッグに入れるのには幅がやや広い。ほかの物が隠れて探しにくくなる。

2)キーボードの文字の一番上の段がやや左にシフトしている。 なれますが最初違和感ありました。

ってまぁこのぐらいなんです。

「NEO」を購入する際に迷った「Plier」ですが、キーボードを毎日持ち歩くようになったので、追加で買ってしまいました。

完全に物欲です。

ケースがついてますね。はだかで持ち歩く派ですが、あると嬉しいかもしれません。

こちらが、「NEO」と並べたところです。

上が「NEO」、下が「Plier」です。

畳んだところは、こんな感じです。

はい、下の「Plier」のほうが細長いですね。

上の「NEO」も3つ折りのおかげで、十分小さいです。

しかし、ボディバッグにいれると、細長いほうがスペース的に助かったりするんですよ。

ホント、ボディバッグにはいい感じで収まります。

キーの打ちやすさに関して

これは、残念ながら大分「NEO」に軍配があがります。

やはりキーピッチも広く、指の広さでいえば、自然な感じでタイピングできます。

ズレさえなければ!と言いたいところですが、まぁ慣れますから、気にならない人にはBestと思われます。

「Plier」はやはり、打つ時にせまっ苦しく感じますね。

おそらく、細長さにこだわらない人には「NEO」が良いと思われます。

「Plier」はキーのズレはないのですが、ピッチが狭く、打ちにくいです。ズレがないという利点もあまり目立たないですね。。。

 

使用時間

「NEO」は連続使用時間が84時間、連続待ち受け日数が218日となっています。

「Plier]は連続使用時間が50時間、連続待ち受け日数が150日となっています。

充電時間はどちらも約2時間となっています。

これも「NEO」に軍配があがります。

ただ、実際のこのタイプのキーボードの使用の仕方では、50時間でも十分な連続使用時間と思えます。

 

「Plier」はスタンド付き

 

「Plier」は携帯や、iPad等を立てるスタンドが本体についています。

これはとても便利な点ではあります。

このような感じです。

キータッチがしっかりとしていて、携帯性優れるbluetoothキーボードとしては、かなり秀逸なものとなっております。

 

よりよいキーボードが出ましたら、また紹介したいと思います。

関連記事

PSVR(PlayStation VR)でフィットネス・運動!痩せる!おすすめソ...

Insta360 ONE X の評価・レビュー 2019年 360度カメラ 最高...

『レビュー』折りたたみキーボードのおすすめ。究極編 3E Bluetoothキー...

おすすめヒゲトリマー!フィリップス ヒゲトリマー Beardtrimmer se...

イヤーピースCOMPLY Tsx-500がおすすめな件 装着感・音質向上(Bea...

Apple Watch Series 3 Nike+ GPS+ Cellular...